水素水サーバーのおすすめ製品ランキング

効果の高い水素水サーバーを比較しTOP10をランキング

水素水が生活習慣病であるガンを予防する

活性酸素が遺伝子を攻撃する

suisosui-yobou

人類の最大の敵で活性酸素が遺伝子あるがんは、遺伝子の情報伝達のエラーによって起こる病気です。活性酸素がDNAを絶えず攻撃し、がんを起こすのです。正常な細胞は遺伝情報どおりに再生される最近の研究で、がんの発症には活性酸素が深くかかわっていることが次第にわかってきました。

私たちの体は約60兆個もの細胞で成り立っています。私たちの体を形作っている細胞を「体細胞」といい、この細胞は古くなると死んで新しい細胞と交代しますが、これを「新陳代謝」といいます。これらの細胞には「核」と呼ばれる部分があり、その中に遺伝をつかさどる遺伝子(DNA)が入っています。そしてこのDNAには、遺伝情報のすべてが書き込まれています。つまり、DNAに障害が起き、遺伝情報に誤りが混入し、たんぱく質の合成に狂いが生じるのです。

すると、細胞の再生は正しく行われなくなりますが、これを細胞の「突然変異」といいます。がんも、この突然変異なのです。残念なことに、私たちは遺伝子の中に、正常な細胞をがんにしてしまう働きがある「がん遺伝子」を生まれながらに持っています。

脳細胞のような再生しない特殊な細胞は別にして、他のすべての細胞は、形や性質がまったく同じ新しい細胞にコピーされます。細胞の再生は、いつ、どんなたんぱく質を、どれだけコピーするのかなどについて、遺伝情報のとおりに狂いなく、体全体で統制のとれたものでなければなりません。ところが、このコピーの途中で、狂いが生じたらどうなるでしょうか。

『かん遺伝子」はだれでも持っている細胞の再生過程で遺伝子が傷を受けてしまうと、細胞の再生エラーが起こります。遺伝子に傷がついた細胞はがん細胞になりますが、このとき細胞を無限に分裂・増殖させるがん遺伝子の「がん化命令」は、その細胞だけでなく、その周囲の正常な細胞にまで効力を持っているのです。そして、このがん遺伝子が働きだして細胞が増えてしまい、いくつかの過程を経て、やがて本物のがんになります。

人閣の場合、1個の細胞当だり8万個の遺伝子があるとされ、その中にがん遺伝子が含まれている。がん遺伝子はふだんは眠っていて細胞は正常に働いているが、いつだん暴走するとガンを発症します。

一部のウイルス性のものを除いて、がんは正常な細胞の遺伝子が傷ついてがん化します。つまり、がんは遺伝子の病気なのです。

水素水サーバーでガンと闘う

このように、ガンは活性酸素が遺伝子を傷つけることで発生します。しかし、強力な還元力を持つ水素水はこの活性酸素を無力化します。水素水を日常的に飲むことで、ガン予防につなげることができるというわけです。

毎日定期的に水素を摂取するには、やはり水素水サーバーがおすすめです。水素水サーバーであれば、コストを気にせず、出来立ての水素が飲めるからです。

水素はアルミパウチに充填されたものでも、開口部から徐々に水素が逃げ出していきます。しかし水素水サーバーならつねに水素がたっぷり入った状態で飲むことが可能。もしガン予防を期待するなら、水素水サーバーは絶対のおすすめなのです。